PROFILE

舟木真菜 Mana Funaki

 

1992年、島根県出雲市出身。出雲観光大使。

桐朋学園大学音楽学部卒業。
4歳からピアノ、10歳からチェロを始める。 
2005年、出雲音楽コンクールで最優秀賞受賞。
2006年、ラメール小中学校管弦打独奏コンクール第2位。
2008年、ASAGO国際音楽祭にて研鑽を積む。
2009年、島根県高等学校音楽コンクールで弦楽器の部第1位。
2011年と2012年、アメリカで開催されるMontecito Music Festivalに出演。
2016年にはチェロリサイタル『シャコンヌ CHACONNE』を開催し、同時にバロック音楽とコンチネンタルタンゴを融合させたファーストアルバム『CHACONNE』をリリース。
2017年、音楽プロデューサー長岡成貢氏の伊勢~斎王プロジェクト~出演。
2018年、日本遺産「日が沈む聖地出雲」をテーマに開催された『夕紅のしらべ』(出雲市日本遺産推進協議会主催)などにも 多数出演。
これまでにチェロを成相香、伊藤哲次、北本秀樹、岩崎洸の各氏に師事。室内楽を藤井一興氏に師事。
冴木杏奈主演の舞台IWEシリーズへの出演や、冴木杏奈プロデュースの女性トリオ『ESPERANZA』 のメンバーとしても活動。

現在、ソロや室内楽の演奏なども幅広く行っている。